家賃を判断する注意点

お金

賃貸費用として考えるもの

新生活が決まると部屋探しをしないといけません。部屋を選ぶ基準が色々とありますが1つとして挙げられるのが家賃です。では家賃を考える時には何を気をつけないといけないのか、選ぶ際の注意点をまとめていきます。まずは賃貸費用として考えるものとして家賃と共益費があります。こちらは誰でもわかりやすいので、毎月の家賃の計算として大体の人が考えています。次にあるのが敷金と礼金です。こちらは家賃の数倍という大きな金額となっていますが、入居時の一時金と考えている人がほとんどです。しかし年単位、契約年数単位で見ていくとこの金額の差が大きなものになっていきます。例えば敷金が返ってくる部分がどう違うのかによって、金額自体もかなり変わってくるのです。これらを加味しながら家賃相場を判断していくことが必要になってきます。よって実際の家賃相場が大きく違っていたりすることも起こります。

相場を調べるやり方

なるべく納得した引っ越し先を探すには、調べるやり方も大切です。まずは最低でも3つは比較してみておくことが大切です。調べる媒体はペーパーよりもインターネットを活用したほうがいいです。次に住みたい地域内で同じ物件を調べてみておくことが重要です。同じ物件があれば、そこから家賃相場を計算することができます。見ているサイトによって家賃が違うところもありますが、こういった場所は交渉次第の部分があるところになります。ここまで調べたら、次は不動産屋さんにいって交渉していきます。事前に家賃相場を調べておいたうえで条件を絞っておけば新たないい情報をもらう事ができるかもしれません。また、オーナーの方で家賃設定をするときは、周囲の物件の家賃相場を上回らないようにしましょう。もし家賃を高めに設定したいと考えているなら、他の賃貸物件とは異なる独自のサービスを考えることが大切です。