もしも転勤が決まったら

積み木

手間が省けます

リロケーションという言葉はあまり聞きなれない言葉かもしれません。どうしても最近の傾向からリノベーションといった言葉を聞く頻度は高いのが現状です。リロケーションとは転勤などで家を開ける際、家を離れている期間で家を貸すことを指します。例えば夢のマイホームを購入しても、1年足らずで転勤が決まり、家を離れるとします。せっかく建てた家を手放すか、残しておくかの判断はそれぞれになりますが、転勤先でも新しい生活が待っているわけですから2重での生活費がかかります。そんな時に家を開けている間、少しでも収入があれば貸す側にとってみても、一定期間大家としての収入がありますので仕事量を増やさなくして収入を得ることができます。

貸す時の注意点

しかし実際リロケーションで家を期間限定で貸す場合どういった事に注意すればよいでしょうか。大家さんは、どの人でもなることができます。全ての人が宅建などの資格を持っているわけでもありません。しっかりとした社会的秩序を守り、一般常識の範囲での認識を持つ責任感があれば大丈夫です。次に当然ながら家を貸すので部屋などの利用に関わる約束事、貸す前にも劣化が激しい場合は多少なりのリフォームなども視野に入れておいた方がいいです。入居の条件と金額を照らし合わせて借りる側が常にいい条件で探しています。安くに越したことはありませんが、必要最低限の経費としても考えなくてはいけません。それにリロケーションで家賃として収入を得るわけですから、税金の対象にもなってきますので最初に家賃を決めるときにも慎重に行った方がいいでしょう。